皮革製品取り扱い・お手入れ

基本的な手入れ

革の敵は湿気、カビ、油切れです。 通常の使用でしたら、外した時に柔らかい布で拭いた後、風通しの良い所で形を整えて保管されるのがよろしいかと思います。

たまに、乾いてきたと思われましたら、市販の保革油を少量塗ると良いでしょう。靴屋さんなどで売っているミンクオイルや靴クリームなどが一般的です。カラフルな革を使用している場合、無色のものを使用して下さい。
(それでも多少の変色は予想されます。御注意下さい。)

もし濡れてしまったら

もし、雨や多量の汗で濡れてしまったら、タオルなどで軽く叩くように水気を吸い取りましょう。その際、革に水気を刷り込んでしまわない様、心掛けてください。その後、風通しの良い場所で乾かします。 また、その乾ききる前に保革油を刷り込みます。これは、水分が蒸発するときに一緒に油分も抜けてしまうからです。乾いたら余分な油をふき取って完了です。

ドライヤーや直射日光で急激に乾燥させるのは厳禁です。乾燥による縮み、油切れによるヒビ割れを引き起こすおそれがあります。また、湿気の多いところなどで長期保存していたりすると、カビが発生することがあります。万一カビが発生したら、濡れた布を固く絞ってふき取って下さい。

乾いてしまう前に

長期間着用してなかった時、カビと共に気を付けたいのが、油分切れです。

油分が切れた革は、本来のしなやかさを失って脆弱な物になってしまいます。

長期保管から着用のローテーションに復帰させるときには油を入れてやりましょう。

汚れてしまったら

汚れの種類にもよるので一般化はできませんが、薄めた中性洗剤を付けた布で拭い、その後洗剤分を残さないように濡れた布ので拭き取るのがよいかと思われます。

また、市販のレザークリーナーを使用されるのも良いでしょう。その際も多少の変色や、染みの発生の恐れがあります。それぞれの説明書に従って下さい。ベンジン、シンナーなどは革を傷めるので使用しないで下さい。

Copyright(c) 2011 株式会社トーア All Rights Reserved.